継続的デリバリの強化

詳細を見る

200 年前

産業革命がかつてない経済成長時代の幕を上げました。

200 年後、私たちは別の革命のただ中にいます。

ソフトウェア
革命です

今日、すべてのビジネスはソフトウェアビジネスです。

ソフトウェアは科学や医学での大きな進歩を可能にします。自動車やモバイルデバイスに更なるパワーを与えます。オンラインサービスやネットワークの中に存在し、それらの技術を結びつけます。

ソフトウェア駆動型の経済の中で競争力を維持するには、高品質で迅速で効率の良い継続的デリバリが必須です。

ビジネス環境の変更、例えばチームの配置やインフラ、コードや開発ツール群の複雑さ、そして社内ツールへの依存性などがソフトウェアデリバリを困難なものにしています。

Fortune の IT リーダー 1000 社のうち 58% は、IT サービスのデリバリの速さを優先順位の 3 位以内に挙げているにもかかわらず、実際にデリバリの品質と速さに満足しているのはそのうちたった 12% です。

あなたのビジネスにおいて、より良いソフトウェアをより速くデリバリすることは重要ですか?

Forrester 社調べ

継続的デリバリとは?

継続的デリバリ (Continuous Delivery、以下CD) とは、ソフトウェアデリバリプロセスの改善と信頼できるソフトウェアリリースを確実なものにするために考案されたソフトウェア開発に関する経験則と方法論のセットです。

継続的デリバリのゴールはソフトウェアの品質をリリース可能な状態に保ち、すべての環境に、反復可能で、信頼できる方法でソフトウェアをデプロイできるようにすることです。

継続的デリバリは開発、オペレーションなどのすべての部門を巻き込みます。そこに、チームの共同作業、アジャイル、DevOps の実践、継続的インテグレーション (CI)、ビルドの自動化、テストの自動化、デプロイメントの自動化、可視性の共有などが含まれます。

継続的デリバリには論理的結論としてアジャイルが必要になります。それはソフトウェアデリバリの方法を変更することです。CD は組織がよりアジャイルでより良いソフトウェアをより速く、継続的にデリバリするのに役立ちます。

継続的デリバリホワイトペーパー - 継続的デリバリとは CD とは何か、アジャイルからDevOps と継続的デリバリへの発展についての詳細を見る

継続的デリバリeBook 継続的デリバリの利点とソフトウェア駆動経済の中でどのようにビジネスを成功に導くかに関する無料の eBook をダウンロード

エンタープライズ規模での継続的デリバリを強化する

継続的デリバリはスタートアップで無駄のない効率的な組織のためだけのものではありません。それは、大規模で幅広い業務形態の大企業にとっても非常に大きな利益を持ってます。

証明しましょう。Huwaei 社での継続的デリバリを紹介します。

Huawei社は400 億ドル企業で、通信会社、エンタープライズ、消費者に向けた通信技術を提供しています。Huawei 社の CD と DevOps の実装は、中央集権化され共有のクラウドサービスで以下の環境を支えています。

  • ワールドワイドで 2,000 人の開発者 (最大 40,000 人まで!)
  • 1,000 のアプリケーション
  • 年間、2,000 回以上のリリース
  • 1日、100,000 回以上のコンパイルとビルド
  • 1日、100 万以上のテストケースを実行
  • 3,000 万行以上のソースコード
  • 年間、48 万回以上の、コードレビューとコード分析
  • 年間、17 万回以上の、システム統合テスト

Huawei社でのエンドツーエンドの継続的デリバリへの移行は次の結果をもたらしました。

  • ソフトウェアデリバリのコストを削減
  • リソース利用率と生産性の向上
  • 高い品質のまま製品のマーケットへの投入時間を短縮

別の成功事例を見る »

コミュニティを強化する

継続的デリバリにより、それぞれのチームは、お互いに学び向上します。

継続的ディスカッション(#c9d9)は、アジャイル、DevOps、継続的デリバリについてディスカッションするオンラインフォーラムです。

下記のソフトウェアデリバリプロセスを改善するためのヒントとベストプラクティスに関するエピソードをご覧ください。すべてのエピソードはこちらでご覧いただけます。

アジャイル・DevOps・継続的デリバリ

コンフィグレーション管理と継続的デリバリ

継続的ディスカッションの次のエピソード

継続的デリバリのウェビナー

モバイルアプリでの CI と継続的デリバリ

2015/1/6 10:00 PST
イベントをカレンダーに追加 »

c9d9に移動 »

継続的デリバリについてさらに学ぶ

継続的デリバリの引用

継続的デリバリ達成のためのアジャイル的アプローチ

チームが最高に熱意をもって努力したとしても、その多くは、ソフトウェアリリースの遅れや低品質、ユーザーの要求を満たせないなどの問題と戦っています。 最近、いくつかの組織で全く別のアプローチを採用し、それが機能しています。何を変更したのでしょうか? なぜ機能しているのでしょうか? これらのプロジェクトはどのようなものでしょうか?



その他の情報

Gartnerのウェビナー: より良いソフトウェアをより速くデプロイする

エンタープライズの継続的インテグレーション

スケーラブルなフローについて

アジャイル開発に自動化が必要な5つの理由

継続的デリバリのビジネスケース

別のリソース »

Electric Cloud は 10 年以上に渡り、ソフトウェアビジネスの成功に貢献しています

Electric Cloud で、ソフトウェアをより頻繁で日常的にソフトウェアをリリースし、高い信頼性、予測性、品質でビジネスニーズに素早く対応できます。

Electric Cloud の効果

サイクルタイム速度

減少したエラー

100000%

デベロッパー満足度

インフラ利用率