ElectricCommander

世界で最もパワフルな DevOps プロセスのオートメーションプラットホーム

ElectricCommandar はそれぞれのチームにインフラ、ツールチェーン、プロセスのための共通のコントロールと視覚化する機能を提供します。それにより、ソフトウェアデリバリプロセスを高速化と自動化を行い、複数のビルド-テスト-デプロイのパイプラインに渡る迅速な対応力と予測精度を向上します。

 

ElectricCommander の機能

 

  • 開発手法やプロセスを問わないワークフローの自動化
  • サイクルタイムの高速化と IT インフラのより効率的な利用
  • ソフトウェア成果物の集中管理

 

 

  • プロジェクト予測とエラー低減のための可視化とレポート機能
  • ベストプラクティスを共有し共通プロシージャを標準化するための共有プラットホーム
  • セキュリティと拡張性による遠隔地のチームのサポート

すべてを自動化する

ElectricCommander は共有リソースの動的プールで実行可能で、明確にパラメータ化され再利用可能なワークフローで構成されたパイプライン全体の視覚モデルを簡単に作成することができます。エンドツーエンドなオートメーションにより、以下が可能になります:

  • 一貫性があり、且つ再利用可能で反復可能なプロセスが予測性と監視機能が提供
  • オプションのマニュアルゲートで最適化、効率化されたワークフローによる、チーム間での合理的なハンドオフ

既存ツールにプラグインする

ElectricCommander は既存のツールとインフラ (Jenkins、Selenium、Chef、EC2、すべての REST を含む) を拡張し、ガバナンス、レポート、コントロールのすべてに共通でパワフルなレイヤーを構成します。標準プラグインを活用したり、CLI, SSH, REST, HTTP や、プロプリエタリな API を利用して、既存のツール、リソース、プロセスと双方向の通信とコントロールを行うことができます。

 

ElectricCommander はビルドしようとしているプロジェクトに動的に追加のプロシージャを作成できます。これにより、オートメーションを自動化できます。 - Bob Hartley, Development Manager, FamilySearch

Dev、Ops、ビジネスにまたがる統一のビュー

ElectricCommander はダッシュボードで、リアルタイムおよび過去の傾向のレポートする直感的に視覚化されたワークフローを提供します。

  • Dev、QA、Ops ワークフローの現在の進捗と過去のステータスを正確に把握し、迅速にフィードバック
  • すべてのツールやプロセスからのデータを集約したビューによる、ピンポイントのレポートとボトルネックの確認
  • 重要なソフトウェア開発プロセスのコンプライアンスを維持するためのシステムワイドな例外ビュー

共有リソースの一元管理

ソフトウェアデリバリを強化するための専用および動的なインフラのプールを一元管理します。 ElectricCommander は次のことをサポートします:

  • リソースを自動的に確保し、時間のかかっている処理に対して並列処理および分散処理を実行し、プロセスを劇的に高速化
  • リソースの自動的な割り当ておよび解除によるリソースの利用率向上、仮想マシンの非効率な増殖の回避
  • 開発、テスト、本番環境への一貫したオンデマンドのデリバリで環境の問題による待機時間やデプロイエラーを回避

失敗しないオートメーション

インフラのスループットの制限により、ジョブが途中で止まったり、ジョブが開始できなかったら、継続的デリバリを続けることはできません。

  • クラスター化され、フォールトトレラントなアクティブ/アクティブ構成により、高い有用性とサービスの継続を保証します
  • 水平なスケーラビリティは、ElectricCommander サーバーによるリニアな”スケールアウト”を可能にし、どのように大きなボリュームのプロセスやツールの並列処理であっても管理が可能です

成果物の共有

ElectricCommander の成果物の管理は、アプリケーションコンポーネントの予測性とトレーサビリティを改善し、成果物の共有によってクロスチームによる共同作業を改善します。

  • すべてのライブラリ、バイナリ、その他の共有オブジェクトをひとつ場所で集中的に保存・管理
  • 標準化による情報の一貫性、正確性、監査制の保証
  • ビルトインのバージョンコントロールとパーミッションによるアクセスコントロール

ガバナンスとコンプライアンス

高度に制御システムが発達した産業では、誰が、何を、いつ行うかを管理し追跡することは、コンプライアンスを保証するためにもっとも重要な部分になります。ElectricCommander は以下のことができます:

  • パスワードと証明書のセキュアなハンドリング
  • LDAP、AD認証、 ファイングレイン・アクセス・コントロールによるセキュアな共同作業と再利用
  • ワークフロー実行偽装により、承認ユーザーが、特権的アクセス権を要求されることなく特権的ワークフローへアクセスが可能に

次のステップ

 

ElectricFlow トライアルライセンスをリクエストする

最も信頼性の高いエンドツーエンドの継続的デリバリアプリケーション群を試用する。

ライセンスをリクエスト

ElectricFlow Deploy: エンタープライズ規模のアプリケーション・リリース・オートメーション

モデル駆動型デプロイメントによるマルチ環境に対する予測可能なデプロイや、パワフルな環境管理とレポート、高い実行性などについて学ぶ。

フェールセーフなアプリケーションのデプロイ

ソフトウェアデプロイをより速くスムースに信頼性の高いものにするための 5 つのベストプラクティス。

ElectricFlow Build-Test

CI の先にあるエンタープライズのビルド-テスト。

ElectricFlow Deploy

デプロイ作業を自動化、予測可能、そして “日常的” なものにする